宿便の原因

宿便と聞くと病気の名前と思う方がいるかもしれませんが、宿便という医学用語は存在しません。 お腹に留まったまま排便されない大便の事を宿便と言いますが、実際にはそのような便は人の体内に貯まることはありません。

便秘は大便が排泄できないことですが、宿便と便秘は同意語と考えた方がよさそうです。 宿便を治すには、暴飲暴食をせずに、規則的な生活を送るのが効果的です。

また、腸内の善玉菌を増やすと言われる乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのも有効です。 普段、運動を全くしていない人は腹筋の力が弱いため、排泄能力が低下しています。 腹筋を鍛えることは便秘予防となります。

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは20世紀中盤に欧州の学者によって発見された哺乳類のミルクに含まれている成分です。 このラクトフェリンは、熱を加えると簡単に分解をしてしまい、本来の働きをすることが出来なくなってしまいます。 未加熱の母乳や牛のミルクに含まれているため、安全性が高い物質と言われています。 このラクトフェリンの効果には以下のようなものがあると考えられています。

・メタボリックシンドローム(肥満)による内臓脂肪の燃焼
・腸内環境を整える働きがある善玉菌の増加
・腸内にいる大腸菌などの悪玉菌の増加を抑制
・細菌やウイルスに感染するのを防ぐ免疫機能の向上
・女性の場合、生理痛を抑え、気分をリラックスさせる作用
・細菌感染を防ぐため、口内炎や水虫を予防
・腸の鉄分吸収効率を高め、体の鉄分不足による貧血を防ぐ
・アレルギーの原因となる肥満細胞が作り出すヒスタミンを減少させる
・口や目などの粘膜を保護する働きにより、ドライアイや唇の乾燥を防ぐ

ラクトフェリンのダイエット効果

若い頃は、運動をするので体に脂肪は付きにくいのですが、中高年となってくると運動不足によりメタボになってきます。 それを防ぐには軽いジョギングなどの適度な運動と共にラクトフェリンなどのダイエット効果を期待できるサプリメントの摂取が効果的です。

また、女性は美容のために自分の体重に敏感なものです。 但し、運動はどうしても苦手という女性の方は多いのも現実です。 そういった方にはラクトフェリンを毎日継続的に飲用することをオススメします。

ラクトフェリン商品はサプリメントとしてライオン㈱などから販売されています。 ほとんどの商品が小さな錠剤となっているため、持ち運びやすく簡単に摂取することが出来ます。 ライオンのラクトフェリンも携帯に便利なパック入りなので、職場などへ持っていくのにもそのまま持って行けます。

宿便と便秘

お腹が膨らんでポッコリとしている人は、それがお腹周りの脂肪ではなくて、便秘が原因の場合もあります。 日頃から便秘になりやすい人は、腸内環境が悪化していると考えられます。 ラクトフェリンには大腸内で良い働きをする善玉菌を増やし、悪い働きをする悪玉菌を減少させる効果があると考えられています。

腸内環境を改善するためにラクトフェリンを定期的に摂取するようにしましょう。 便秘(宿便)が治ればポッコリお腹も改善します。 また、朝スッキリすることで、その日一日元気に過ごすことが出来る様になります。

種類

ラクトフェリンには一般的に2種類あります。 1つが牛ラクトフェリンで、もう一つがヒトラクトフェリンです。 サプリメントとして市販されているラクトフェリンは牛の乳から製造されています。 人が摂取すると小腸で分解され、アミノ酸となります。 このアミノ酸が吸収されることにより、体に様々な良い作用が現れます。

ラクトフェリンを製造販売している会社には多くの会社がありますが、その中で大手と言えば森永乳業(株)とライオン(株)があります。 この両社の製造する商品には決定的な差があります。 それは、森永乳業の商品は胃の中の胃酸でラクトフェリンが分解されるのに対して、ライオンの商品は胃で分解されないで腸まで届くようにしているという事です。

どちらの方がより体にとって良い効果があるのかは、その判断はかなり難しいのです。 ですが、赤ちゃんが母乳を飲んだ時に母乳に含まれているラクトフェリンは赤ちゃんの胃酸が弱いために腸まで届くそうです。 赤ちゃんの例を考えると、ライオンの腸まで届くラクトフェリンを摂取した方が体には良いような気がします。

<<緊急時にお金を調達するには>>
お金借りる
急な病気などで急ぎでお金を借りることを希望されている方のために大手金融機関をご案内しています。

【健康・福祉情報】
Copyright (C) ラクトフェリンで宿便スッキリ All Rights Reserved. ページランク表示ツール
Powered by Pond