お金

多重債務とは、複数の借入があることを指します。

一般的には3社以上の借金があれば、多重債務者と考えられています。 年々多重債務による破産が後を絶ちませんが、その前に抜け出す借金返済方法を考えていかなくてはなりません。

多重の借金によるリスク

複数の借金があってもちゃんと返済できているから大丈夫、借金の総額は大したことないから平気!なんて考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、多重債務であること自体、大きなリスクを抱えているということを理解しなくてはなりません。

多重債務で最も危険なのは、あっという間に借金総額が膨れ上がってしまう可能性があるということです。 例えば消費者金融への実際の借入が10万円だったとしても、借入可能な額の上限が50万円であればすぐに限度額一杯に借りることができます。 もしこれが3箇所あれば、例え現在の借金が10万円程度だとしても一瞬にして150万円までいとも簡単に膨れ上がってしまうのです。

また、借入先が多ければ多いほど返済のための正確な額が見えづらくなり、気が付いたら思った以上に増えていたなんて事にもなりかねません。

なぜ多重債務に陥るか

そもそも借金自体にリスクがあります。 そのリスクを理解せずに借りてしまう人は多重債務にもなりやすいです。 さらに多重債務のリスクを早い段階で理解しなくては、どんどんリスクが大きくなってしまいます。

また、浪費癖のある人も借金をすることに特に抵抗が無い人が多く、複数の金融機関で借金をしやすいです。 ギャンブルも他のレジャーも資金に余裕があるときにするものであって、借金をしてまでする必要はありません。 しかし、家計が苦しいのに我慢をせず借金をしてしまう行為は、多重債務になってしまう可能性が高いです。

生活費のために借金をする時でも同じことが言えます。 生活をする上で時には借金が必要なときもありますが、その返済リスクを理解せず借りてしまうことはとても怖いことです。

気付いたときに即行動

借金は最初から返済リスクを理解しながら上手に活用すれば、危険を回避することができます。 既に多重債務に陥っていたとしても、早い段階なら借金の返済方法を工夫することで抜けだすことができるかもしれません。

もし借金を返済ために借金をする、つまり自転車操業をし始めているなら、危険信号が灯っていると考えましょう。 問題を先延ばしにすればそれだけ借金返済が難しくなります。 なるべく早く多重債務から抜け出すための借金返済方法を考えることが大事です。